そして48男に☆

 

 

 

 

「六月の夜の都会の空」

 

というわけで今日で六月も終わりです。

 

先日またもや誕生日をむかえ、48歳になりました。

 

 

小さいころノストラダムスの大予言を信じていて、27歳までしか生きられないと思っていたので、こんな年齢になり驚きです。

 

 

この前テニスをしたら、プレー中に転んで、立ち上がろうとしたら足がもつれて2度転ぶという失態を演じてしまいました。(でもそのポイントは取った!)

 

なんか自分でも残念な転び方で、年をとるってこういうところにでてくるのかなーと。

 

 

47歳はあまりブログを更新できませんでした。

 

だいたいの人が1年から2年くらいでブログをやめてしまうと聞いたことがあります。

 

なのでここはこらえて、もうすこし更新していけたらと思います。

 

 

人生も確実に後半戦。

 

大変なことやつらいこともあるけれど、明るく楽しく生きていきたい。

 

 

今年のケーキを作った人(渋い)

 

こんな渋い大人にはなれていませんが、マイペースでいきたいと思います。

 

よろしくお願いします。

 

 

六月になるとこの人の本を読みたくなります☆

created by Rinker
¥781 (2021/10/17 09:42:28時点 Amazon調べ-詳細)