ジンバルがほしいのです

 

 

ジンバルって何?

 

 

説明しよう!

 

 

動画を撮るときに、映像が手振れしないようにしてくれるやつ。(ざっくり)

 

 

「ジンバル」とか「スタビライザー」とか言います。

 

 

あなたのスマホにも、ジンバルつければ、あっという間にヌルヌル画像のすてきムービーが撮れるのです!

 

 

 

 

昔から動画撮るのが好きでした(といってもトイカメラですが)。

 

 

アイ・オー・データの「MotionPix」(2003年発売)とか、Createveのポケットビデオカメラ「VadoHD」(2009年発売)とかでちょこちょこ撮ってました。

 

 

ここ何年かは主に「ipod touch」。

 

 

そして昨年の秋に、ついにアクションカメラを購入。

 

 

Amazonでいちばん売れてたMUSONの「MC2」。

 

 

お手軽価格の8,000円くらい。

 

 

こんな小さいのに、すごくきれいに撮れるのです。

 

 

 

 

トイカメラからスタートしたわたしにとって、ここ何年かの画質、価格、の進歩はホントに感無量。

 

 

でも撮ってる時は楽しいのですが、あとで撮った映像を見ると、手振れがひどくて酔ってしまいそう。

 

 

MC2もアクションカメラなのに、なぜか三脚つけて固定で撮影。

 

 

 

そんな時に、たまたまネットの広告で「DJI OSMO MOBILE2」なるものを発見。

 

 

DJIって有名なドローンメーカーだよね。

 

 

 

ジンバルも作ってるんだ。

 

 

16,800円???もっと高いものだと思ってた。

 

 

買えちゃうかも。

 

 

というわけで、調査スタート。

 

 

2万円を切る価格だと

 

 

1  DJI OsmoMobile2

 

2 Zhiyun (ジウン)Smooth4

 

3 Feiyu Tech(フェイユーテック) Vimble2

 

 

現時点(2018年9月)では、だいたいこの3つが候補か。

 

 

1 有名メーカー、全体的なバランスがよい。

 

2 ボタンがいっぱいついていて、手元でズームやフォーカスができて、使いこなせばかっこいい映像がとれるらしい。

 

3 最大18cmまで伸びる伸縮ロッドを内蔵していて、自撮りしたり、高い位置や低い位置からの映像が撮りやすい。

 

 

3つともアプリをダウンロードして、アプリをつかっていろんなモードで撮影できるらしい。

 

 

調べるほど、どれも甲乙つけがたく、悩む日々。

 

 

基本に戻って。

 

 

・「ipod Touch」と「MC2」が使えるもの。

 

・何を撮るのか?→今のところ「猫」と「テニス」と「お出かけ」を予定。

 

・買うならたくさん使いたい→なるべく簡単、お手軽なのがよい。

 

 

うーむ、いまいち決め手に欠ける。

 

 

そんな時、候補外から現れたのが。。。

 

 

つづく

 

 

 

っていうか、次回までに買うぞー!

 

 

1

 

created by Rinker
DJI
¥22,996 (2021/10/22 14:46:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

2

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です