仙川散歩 中華そばとすてき建築

 

 

仙川散歩

 

 

 

11月上旬のある日(金曜日)、京王線の仙川に行ってきました。

 

 

目的は2つ。

 

 

1つは以前から行ってみたかった、中華そば屋「しば田」さん訪問。

 

 

もう1つは「TOKYO ART MUSEUM」という、建築家の安藤忠雄さん設計の小さな美術館への訪問です。

 

 

「しば田」への道のり

 

仙川駅の南側に降りて、なんとなく南下。

 

 

「仙川湯けむりの里」という、スーパー銭湯に車で何度か来たことがあるので、そちら方面を目指して歩きます。

 

 

地図を見ながらで10分ちょっと。

 

 

はじめてでも、調べていけば迷わないと思います。

 

 

行列

 

有名店ですが並ぶのは苦手なので、今回は時間帯を考えて、午後2時15分頃到着。

 

 

 

 

それでも、外に1人並んでいましたが、すぐに店内に。

 

 

中華そば

 

事前にTwitterでをチェックしていたのですが、トップにあるイラストの人が、目の前で作っていて、に、似ている!と思いました(店主さんですよね)。

 

 

 

中華そばは丁寧に作っている感じがして、とてもおいしかった。

 

 

毎回おいしいものを食べたときに、味を表現することがあまりうまくできないのですが、こちらの中華そば、バランスよくおいしかったです。

 

 

スープも全部飲んでしまいました。ごちそうさまでした。

 

 

 

コンクリートの建物

 

お腹もいっぱいになって、駅の方に向かってのんびり歩きました。

 

 

アートミュージアムについてはあまり調べず、近くに行けばわかるだろう位な感じでテクテク。

 

 

なんかまっすぐな道路の左側に、コンクリートのシンプルな建物が見えてきました。

 

 

 

入り口はどこかなとそのまま数メートル。

 

 

唐突に入り口発見。

 

 

 

 

正直、最初は裏口かと思いました。

 

 

中に入ると

 

おそるおそる中に入ると、受付に男性が1人。

 

 

500円払って、中に入りました。

 

 

シーンとして、中には私1人だけ。

 

 

大きさ的には、東京アートミュージアムのホームページを見ていただければわかると思いますが、細長い3階建てで吹き抜けの、大きめな個人宅といって印象。

 

 

今の時期は、海外で活躍している日本画の作家さんの作品が飾ってありました。

 

 

貸し切りなので、のんびり絵を鑑賞して、建物内を満喫しました。

 

 

写真はNGだったので、お見せできないのが残念ですが、とてもすてきな空間です。

 

 

コンクリート打ちっぱなしと、絵と、カーペットと外から差し込む光と3階建て?の上までの吹き抜け空間と。

 

 

ちょっとおしゃれな個人宅といえば、住めそうな気もします。

 

 

生活感ないし、空調とか電気代高そうだけど。

 

 

ミニマリストの方、無印良品が好きな方、行ってみたらよいと思います。

 

 

中はそんなに広くないのですが、500円払ったし、ほかに人もいないので、イスに座ったり、寝そべったり、上から下を眺めたり、30分ほどのんびりさせてもらいました。

 

 

仙川駅前

 

 

外に出てから、写真をパチリ。

 

 

 

やっぱり、かっこいい。

 

 

 

さて、満喫したので駅に向かいますが、駅前は高い建物がないせいか、お店にも入りやすく、なんか居心地のよい空気が流れています。

 

 

無印良品をぶらぶら眺めたりしました(かなり好き)。

 

 

いつもは大体、駅ビルとか商業施設の中とかなので、車停めたりとなんやかんやありますが、歩きでふらっと入れるこちらの店舗、よいです。

 

 

ほかにもユニクロとか、猿田彦珈琲とかあったけど、今日はこのへんで。

 

 

 

まとめ

 

・仙川はなんかいい感じ!

 

・中華そばは、おいしいし、時間帯によってはあまり並ばず入れます。

 

・東京アートミュージアムは、建築好き、ミニマリストな方にはおすすめ☆

 

 

また近いうちに来たいです。電車に乗って。

 

 

 

アマゾンプライム会員の人、プライムリーディングで無料で読めますぞ。

 

 

 

会員ではない方はお試ししてみては。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です