動物たちとご対面☆

 

(ポケットに入れてたのでちょっとしわしわ)

 

 

 

 

前回のつづきです。

 

 

写真には、写らない、美しさが・・・

 

って歌ってた人がいましたね。

 

今回感じたのは、まさにそれ。

 

写真のプロだと、また話は変わるのでしょうが。

 

 

アフリカ園

 

というわけで、雰囲気が少しでも伝わればと思いつつ

 

チーター(ガラス越し)近い。

 

 

最初に見た動物はチーター。

 

動きがしなやかで、美しい。

 

ライオンエリア?は今、工事中のため、ライオンたちは小さめのスペースでのんびりお昼寝中でした。

 

そのまま歩くとピンクフラミンゴの群れ。

 

 

ホントに色鮮やかなピンクなんだ!と感心。

 

アフリカゾウは、大きくてゆったりした動きです。

 

 

キリンは大きくて細長い印象。なんであのような模様なのかとても不思議。

 

 

このあとチンパンジーのお昼寝姿や、棒を使って、透明ケース?の中からおやつを取り出す様子などを見ることができました。(賢い)

 

 

オーストラリア園を目指します

 

アフリカ園をでたあとは、巨大なケージの中でワシが飛ぶ様子を見たり、カンガルーの昼寝を横目に、コアラ館に到着。

 

ちなみに手前にあるカンガルー広場で写真を撮りたかったけど、1人だったので断念。

 

お腹の袋部分に入りたかった。(たぶんちびっこ用)

 

 

 

コアラ館

 

コアラは希少なのか、環境に弱いのか、館まであってほかの動物に比べて好待遇のようです。

 

写真は暗めですが、やっぱりかわいいと思いました。

 

ふだんは行列して見るくらいの人気者のようです。

 

 

 

今回いちばんの出会い

 

コアラ館をあとにしてワラビーやタスマニアデビルなどを眺めていると、丘の上の方にワライカワセミという看板が。

 

わざわざ見にいくほどかなと迷ったのだけど、ちょっと登ってみることに。

 

「みはらし広場」なるものがあり、その奥には八王子の風景(展望スポット)が広がっています。

 

そして横にワライカワセミの檻が。

 

 

 

看板眺めてふと上に視線をやると。

 

 

(なんか凛々しい)

 

 

ほとんど動かないのですが、妙な存在感をはなったワライカワセミのミドリの姿が!

 

自分でも何に惹かれたのかよくわからないのですが、その佇まいにしばし見とれてしまいました。

 

格子と網と2重になっていたので、何枚か写真撮ったのですが、上の写真がいちばんまともに撮れていました。

 

アオバネというだけあって、横から見るときれいな青い羽根でした。

 

なんだろう。身体にたいして頭が大きいからかな?

 

不思議な魅力がありましたよ。

 

入り口から一番奥のみはらし広場ですが、ミドリの姿を見てほしいです。

 

 

ちょっと疲れた

 

この辺からちょっと疲れまして、ユキヒョウやレッサーパンダなどをちょちょっと眺めつつ入り口方面に。

 

ターキンとかいう牛に角が生えたっぽい動物が午後の光に照らされて、なんか神々しかったです。(動きと光に見とれた)

 

その後がんばって(ほかの動物たち、はしょってごめんね)入り口まで降りてきたのですが、そういえばトラを見てないしオランウータンも!

 

 

悩んだがガッツ

 

またそのうちくればいいかなとも思ったのですが、「また」があるかはわからない。

 

やるなら今しかねー♪、とかいう歌が脳内再生。

 

ゆるーい坂を奥に向かって登りました。

 

 

森の人

 

オランウータンのことをこう呼ぶそうです。

 

なんか知ってるつもりだったのですが、間近で見るとおもったのと違ってました。

 

全身ドレッドヘアーな人みたいです。

 

(音声はとなりにいたちびっこのもの)

 

ゆったりとした動きなのですが、ホントは俊敏に動けそうな、何かの達人のような雰囲気も感じました。(よく知らないけど)

 

 

ぐったり

 

このあとトラやサイ、インコやツキノワグマなども見ました。

 

あと写真映えしたのはマレーバク。

 

クターっと寝てたのに、近づいたら動いているところを見せてくれました。

 

 

(白と黒なので、パンダくらい人気があってもおかしくないぞ)

 

 

前回紹介した本

 

ノウサギですが、小さな小屋に入っていて、狭くて日当たり悪いな(北向き)なんて思ったのですが、帰ってから本読んで、さまざまな試行錯誤があってあのようになったのかと知りました。

 

ほかの動物に関しても飼育方法や、動物園の使命や裏側がわかってとても面白い本でした。

 

行く前に読めば、より楽しめると思います。

 

 

まとめ

 

・動物は写真もいいけどやっぱり実物がよい!

 

・園内は広いけど、お手洗いや、休憩の広場などが随所にあり、安心です。

 

・冬だったのでやっていなかったのですが、時期によってはオランウータンのスカイウォークが見られるそうです。(見たい!)

 

・少し見逃した動物たちがいるのと、昆虫館もまるごと行けてないので、今度は体力付けてお弁当でも持って行きたいです。

 

・あといろんな鳥たち。色鮮やかだったり、かっこよかったりで、鳥類もおすすめです。

 

・ぐるっとパスは美術館だけじゃなかった。次回行きたい場所もでてきました。

 

・いろんな人たちにおススメできる多摩動物公園。飼育員や運営の方々を応援したいです。

 

というわけでまた再訪したいと思います。(楽しかった!)

 

 

 

読んだら面白かったのでふたたび紹介☆

created by Rinker
¥968 (2021/10/19 12:27:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“動物たちとご対面☆” への2件の返信

  1. 昔はライオンバスが走っていたような気がする。
    今度子供連れて行ってみます!

    1. ライオンバスは2016年4月から、発着場の耐震化工事で当面休止中だそうです。
      ぜひちびっこたちを、カンガルーのお腹に入れて写真を撮ることをおすすめしまーす。(きっとかわいい)☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です