ガラスの器と静物画を見てきた⭐︎

 

 

 

 

 

私のお気に入り美術館、初台の「東京オペラシティアートギャラリー」。

 

もう年パス買っちゃおうかなー。

 

 

今回の企画展のタイトルは「 ガラスの器と静物画」。

 

ちょっと見た感じ、シンプルで好きそうな展示です。

 

 

2月のある寒い週末行ってきました。

 

開館時間を朝10時からと間違えていて!、 10時少し過ぎた位に到着。

 

11時から開館とのことなので、しばらくロビーで休んだ後、事前に予約していたアメリカンダイナーに先に行くことに。

 

 

歩いて15分ほどのところで住宅街の中にある素敵なお店。

 

ランチのハンバーガーを選んだのですが、確かアメリカでは定番らしい「バターミルクフライドチキン」が有名だったと思い、店員さんに聞いてみるとありますとのこと。

 

 

 

すごく食べてみたかったので追加で注文。

 

 

 

おいしかったけど、お腹いっぱいになってしまいました。(ワッフル美味しかった!)

 

 

 

食後の散歩をしつつ、再びアートギャラリーへ。

 

 

入り口から好きな雰囲気。

 

 

天気があまり良くなかったせいか、日曜日の午後だというのに人が少なく、ゆったり鑑賞できました。

 

ガラス作家の人が、18人の画家に描いてみたいガラスの器を言葉で表現してもらって、それを実際に作り、それを写真家の人が撮り展示する、みたいな感じらしいです。

 

 

コンセプトはともかく、広々とした会場にゆったりと配置された絵とガラス作品。

 

空間の使い方にうっとりです。

 

 

こういう場所に身を置いて、のんびり鑑賞しているとほんとにリラックスできます。

 

18人の画家もそれぞれ個性があって、見ていて興味深い。

 

光りに照らされたガラスは、見る角度によっていろんな表情があります。

 

 

 

この日はほんとに「当たりの日」でした。

 

ちなみに上の階の常設展とミニ企画展?みたいなのも雰囲気あってよかったです。

 

 

 

おしまいのところのベンチでぼーっと座っているのが至福の時なので、来場した際はおすすめ。

 

 

 

次回の企画展はなんとイラストレーターの「宇野亜喜良展」。(画集持ってます)

 

 

これはおそらく連日大混雑の予感。

 

展示がすばらしくても混雑は苦手なので、平日時間作ってぜひ行きたいです。

 

たのしみたのしみ。

 

created by Rinker
ブルーシープ
¥3,520 (2024/05/30 04:12:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です