マキタのサイクロンアタッチメント

 

 

前回ぽちっとした秘密兵器が届きました。

 

 

 

 

今使っているマキタのコードレス掃除機(CL141FD)に、取り付けるアタッチメントです。

 

 

 

 

アタッチメントの下部分はゴミをあまり見せないようにか、ちょっと半透明のようになってます。

 

使い方は本体とパイプの間にこのアタッチメントを挟むだけ。

 

 

 

 

付けた分長く、そしてちょっと重くなりますが、そのデメリットをおぎなってあまりある素敵さです。

 

 

昨日、今日とさっそく使ったのですが、まず一番面倒だったゴミ捨てが簡単に。

 

 

透明部分にゴミがたまるのですが、ワンタッチでかんたんにはずれて、そのダストカップをゴミ箱の上で逆さにするだけ。

 

 

ホコリはサイクロンでくるくる回ったせいか、すこしまとまっているので、より捨てやすいです。

 

 

まだ2日分なので、そこまでゴミがたまっていないのですが、いつもに比べて圧縮?されているような感じ。

 

 

ゴミ捨ての頻度も減ると思います。(説明では約6分の1にになるとのこと。)

 

 

ゴミ捨てラインもついていて、ここまでためてから捨てれば良いと、目で見てわかります。

 

 

ダストカップが水洗いできるところもよい。

 

 

本体にたまるゴミが格段に減る(実際に見てみた)ので、フィルターを外して洗ったりする手間もほとんどなくなりそうです。

 

 

吸引力が少し落ちるというような説明もありましたが、今のところそんな感じはありません。

 

 

いろいろ良い点がありますが、個人的にいちばんのすてきポイントは、ゴミが目でみえるところ。

 

 

もっと言えばくるくるまわっているところです。

 

 

それの何がいいの?と思うかもしれませんが、単純に見ていて楽しいのです。

 

 

なんかに似ているなと思っていたのですが、縁日とかでみた「綿あめ」がくるくると回っている感じです。(筒なので細いですが)

 

 

 

 

わかりにくいですが、サイクロンでたまったホコリが回ってます。

 

 

 

 

吸ったゴミが目に見えるというのは、なんか掃除やった感があるというか、いい

ものです。

 

 

 

マキタの掃除機を使っている人には、とてもおすすめしたいです。

 

そうじが楽しくなりますよ!

 

 

サイクロンアタッチメント

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥2,700 (2021/10/22 16:36:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

取り付けた掃除機はこちらの機種です

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です