Prime Videoで「アメリカン・ビューティー」

 

 

1999年のアメリカ映画。

アカデミー作品賞受賞。

 

何となく名前を聞いたことがあったので、予備知識もなく観賞。

予告編を観て、あまり気乗りしなかったのだけど、結果とてもよかった。

 

アメリカの幸せそうな中流家庭が、徐々に壊れていくなかで、それぞれの登場人物の真実が描かれていきます。

 

アカデミー作品賞というだけあって、よくできている!というのが全体の感想。

最初から最後まで、それどうなの?とかそこはおかしいとか、普通の映画でいくつかは感じる部分がまるでなかったです。

こういうのって、脚本がいいというのでしょうか。

 

登場人物の描き方も演技も、それぞれに感情移入?できるというか、自然に感じます。

 

主人公のレスター・バーナム42歳。(自分と年が近い)

このくらいの年齢で、いろいろとあきらめてるところというか、流されてる感にとても共感。

一番身近にいるはずの家族と、心が通じていないところ。

娘が小さかったころや、妻が若かったころ、あのころの幸せな世界はどこにいってしまったのか?

 

となりに越してきた一家も、厳格な元軍人の父親、不気味な緊張感をはらむ母親、隠れて薬の売人をしているビデオ撮影が趣味の息子。

こういう家族も世の中に一定数はいるんだろうな、と思わされるリアリティ。

 

夫婦関係、家族関係、浮気、薬物、同性愛、失業、銃などいろいろな問題がでてきます。

アメリカならではの問題もありますが。

 

ここまで見てみると、とても暗いテーマの映画に思えますが、そんなことはなくコメディタッチというか、すーっと進んでいきます。

 

ストーリーが進み、クライマックスにむかってさまざまな出来事がおこり、予想を裏切る事実がいくつも明らかになり、そして銃声。

そのあとのラストシーンに向けての流れは、なんともいえない美しい音楽と映像。

 

ネットではさまざまな感想がありますね。

人によって感じかたがだいぶちがうなと思いますが、私はこの映画、かなり心に響く映画でした。

 

未見の人にネタバレしたくないので、こんな書き方になりましたが、20年くらい前の映画ですがとても上質な映画だと思います。

 

若いころに観たら、ピンとこなかったかも。

この年齢で観ることができてよかった。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です