LeHomのエアーソファー

 

 

去年の夏くらいから、エアーソファーなるものが、気になっていました。

 

空気で膨らませた大きなビニール袋みたいなソファーです。

 

しばらく見ていないうちに、1799円とちょっと試しに買ってみてもいいかなと思う価格に。

 

Amazon primeで金曜日の夜に注文、土曜日の午後に到着。(相変わらず早い!)

 

段ボール箱から取り出し、白いビニールをはがした中身がこちら。

 

収納袋に入ったソファー本体と説明の紙1枚です。

 

 

収納袋から取り出しだ中身がこちら。

 

二つ折りになっている本体のバックル部分をはずした状態。

 

 

丸まっている本体を広げます。

奥の部分が空気を入れる方。

 

(ちょっと黒猫が写ってしまいました。)

 

つづいて部屋の中ですが、バサバサ振って空気を入れます。

 

屋外のように風もないし、走って空気を入れるわけにもいかないのですが、なんとか空気を入れたあと、口の部分を閉じて(この部分は固くなっていてパチンと閉じるようになっている)グルグルと折り込んでいきます。

 

ある程度折り込んで、ソファーが空気でパンパンになったらバックルでパチンと留めます。

 

完成!

 

 

寝るポジションを微妙に変えて、最適な位置を探します。

お、意外といいかも。

 

リラーックス。

 

ちなみに、口を開いてみた、袋の中身はこんな感じ。

 

 

ちょっとわかりにくいですが、内側に透明のビニールがついて2層構造。

 

そして真ん中の仕切りが右部分によっていて、こちらもわかりにくいですが、袋状になる部分は2つが隣り合っている状態です。

 

さて、広げて楽しめたのはいいけど、収納はどうかな?と思ったのですが、こちらも端から空気を抜きつつ、クルクルとたたんでいき、最後はバックルで留め、収納袋にあっさりしまうことができました。

 

袋からだしてソファーにするまで1分くらい。

片づけも同じくらい簡単です。

 

これは手軽に外に持ち出して、使うことができそうです。

 

 

というわけで、さっそく次の日、外に持ち出してみました。

 

 

朝から某公園でテニスの団体戦。

 

待ち時間が長く、コート横の芝生部分で、みなさん各自おりたたみ椅子などを用意してテニス観戦です。

 

そんな中、エアーソファーを取り出します。

 

友人たちはそれは何?と訝しげ。

 

説明してから、昨日の練習通り空気を入れ、バックルを留め、ソファー完成。

 

1人で寝そべってみます。

 

青空を見上げて、のびのび気持ち良いー!

 

友人たちも交替しつつ座ってもらいます。

 

口々にこれいいねー、となかなか好評です。

 

いいと思ったのは自分だけではなかったので、ひと安心。

 

すごく晴れて日差しも強く、芝生の上は日陰もなかったので、かなり暑かったのですが、木陰でのんびりできたら最高にリラックスできそうです。

 

 

男2人!で並んで座ってみましたが、2人もいけます。

 

気になるあの子といっしょに座ったら、仲良くなれるかもしれません♡

 

 

というわけで、今回のすてきものは、かなりの高得点です。

 

お手頃価格、小さく折りたたんで収納でき、設置&撤収もすばやくかんたん。

 

家でもいけるけど、アウトドアで使ったらもっと気持ちいいです。

 

2018年の夏はこれが流行るかも!

 

 

Amazonでエアーソファーを見るといくつか種類があります。

 

もう少し価格が高いのは品質がいいのかなとも思いますが、(これより安いのもちょっとこわい)今回こちらを使用してみて、とてもよかったです。

 

今年の夏はお外で、リラックスしまくろうと思います。zzz・・・。

 

 

追記  空気をパンパンに入れるための実験結果はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“LeHomのエアーソファー” への2件の返信

  1. これ超よさそう。
    色もオレンジ、水色もあり買います。
    夏ビーチに‼️

    1. 夏ビーチにすてきですね!実際に使ったら、感想教えてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です