高尾山で何かとすれちがった話

 

 

 

 

夏ですね。

 

 

夏といえば、怪談。

 

 

毎年、「ほぼ日の怪談」とかついつい見てしまいます。

 

一時期は「新耳袋」にはまったこともありました。

 

 

 

怖いというより、不思議な話に興味があります。

 

 

 

私自身はいわゆる霊感とかはまったくないのですが、この年まで生きてると、あれはなんだったのかなという、ちょっと不思議な体験はいくつかあります。

 

 

といっても、たいしたオチもない話ですけど。

 

 

 

というわけでひとつ。

 

 

 

今から15,6年前のはなしです。

 

時期もメンバーもうろ覚えなのですが。

 

友人たち5,6人と高尾山に登ったことがありました。

 

 

 

(写真は高尾山ではないです)

 

 

 

頂上まで登り、その帰り道。

 

下山途中のことです。

 

 

場所とかまったく覚えてないのですが、下りはじめてそんなにたっていないと思います。

 

でこぼこ道を下りつつ、両側に木が生えていましたが、空が見えていて前方には遠くの景色が見えていたと思います。

 

 

そんなに広くない道だったので、横幅は2人並んで歩いていたかどうか。

 

 

 

 

風はそんなになかったと思うのですが、突如前方(というか下の方)から生暖かいような空気がぶわーーっと上に向かって吹き抜けたのです。

 

 

 

その時思ったのが「今なんか通った!!!」。

 

 

ただの風ではなく、意思を持った何かが通り過ぎたという感覚。

 

 

何となくふもとから、頂上目指して急いでます、みたいな印象。

 

 

 

ちょっと驚いて、その時たぶん近くを歩いていたMっきーに、「今なんか通ったよね。」とおそるおそる聞いたところ、「うん、なんか通った」みたいな返事を覚えています。

 

 

何だ今のは?と軽く興奮して話し合ったのですが、それ以上のことが起こるわけでもなくそのまま下山しました。

 

 

高尾山には天狗がいると聞いたことがあるので、天狗が通ったのかもね、なんて。

 

 

後日思ったのが、映画「となりのトトロ」で主人公の女の子がネコバスに乗って空を飛ぶけど、人には見えないで風だけが吹き抜けるシーンがありましたが(あったかな?)、それに似ているなと。

 

 

 

 

このことがあってから、妖怪とか、もののけとか、目に見えないけど、ホントにいるのかもって思うようになりました。

 

 

 

 

 

基本的に実話、という不思議な話が99話

全10巻出ています

夏の夜によいのでは?

 

こちらは第1巻

 

created by Rinker
¥649 (2021/10/22 08:49:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です