グロメット交換は思ったよりたいへんだった。。

 

 

はりちゅる始動!

 

はりちゅるのお知らせを見た、テニス仲間のMさんからガット張り替えの依頼がきました。

 

やった!

 

その際に、グロメットの交換もいっしょにお願いしますとのこと。

 

やったことないけど、たぶんだいじょうぶ、なんて思って預かりました。

 

 

グロメット

 

グロメットとは、ラケットのフレームの外側についてるやつです。

 

 

ただフレームを守るだけではなく、ガットがフレームの角で切れないように保護するのとともに、フレームに食い込むのを防止します。

 

 

打感やスイートスポットにも影響するところなので、気が付いたら自分のラケットを見てみるとよいかも。

 

 

 

レッツ交換♪

 

ネットで検索すると、取り付けるのがけっこうたいへんだけど、自分でもできますよとか、工賃無料なんてところも多いので、がんばればいけるでしょとスタート。

 

 

まず外します

 

とりあえず外す前の様子。

 

 

真ん中の穴の部分が、破損していてなくなっています。

 

 

これではガットを保護できてないのでは?

 

 

 

割れて削れてます。

 

 

 

 

新品のグロメットを並べてみました。

 

 

 

 

なんか思っていたより、部品多いんですけど。。

 

 

これを見て、部品を外す順番などを、慎重にやらなくてはと思いました。

 

 

ボトム部分から外してみます。

 

 

 

 

2つの部品で成り立っていました。

 

 

どういう効果があるのでしょうか?うーむ。

 

 

つづいて側面。これが固かった。

 

 

 

ペンチの先端にある穴の部分が、広がっていて、簡単に外せないのです。

 

ペンチでつぶして、押して、外から引っ張って、目打ちを使ってといろいろ悪戦苦闘。

 

あまり傷つけてはいけないし、これひとつ外すのに5分くらいかかりました。

 

 

(真ん中が引っ掛かっているようす)

 

 

 

 

何とか外して、次に側面の長い部分も外したあと、トップ部分を外していると

 

 

 

 

なんかシールっぽい、薄い部品が落ちてきました。

 

 

フレームとグロメットの間に挟まっていた部品のようです。

 

 

 

 

こんな風に、グリっとてこの原理で持ち上げたりして、全部外すのに30分くらい!かかりました。(不器用?)

 

 

おそうじ

 

グロメットを全部外したので、フレームをキレイにします。

 

無水エタノールとキムワイプで、ふきふき。

 

キレイになりました。

 

 

 

 

取り付けします

 

 

取り付けをイメージして並べてみました。

 

 

 

 

トップ部分からはめていくのですが、部品を挟んでから固定したりするところがあるので、なかなか手間取りました。

 

 

(ここだけ3層構造?)

 

 

 

 

ようやく全部付け終えたら、またもや30分(不器用?)。

 

 

写真撮りながらだったし、次はもっと早くできると思います(たぶん)。

 

 

 

協力してくれた仲間たち

 

 

 

 

ラジオペンチと目打ち。

 

この2つがなかったら無理でした。持っててよかった、ありがとう。

 

 

そしておそうじ部隊の、無水エタノールとキムワイプ。

 

 

無水エタノールは、火気厳禁と換気注意です。

 

素材によって使えないものもありますが、1本あると便利。

 

 

キムワイプは、毛羽立ちがなく、水に溶けにくく、拭きとったあとの繊維が目立たないという特徴があります。

 

ティッシュだと紙のホコリがでるので、キムワイプはいろいろと重宝します。

 

 

まとめ

 

はじめてだと時間かかりますが、道具と根気があればだいじょうぶ。

 

グロメットは、ラケットによってそれぞれ違うので、自分のラケットに合ったグロメットを探しましょう。

 

 

created by Rinker
健栄製薬
¥1,273 (2021/10/22 00:53:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
日本製紙クレシア(NIPPON PAPER CRECIA)
¥155 (2021/10/22 05:52:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です