ぐるっとパスで東京オペラシティアートギャラリーと、ランチはMENSHO SF!

 

 

まだまだつづく、ぐるっとパスでおでかけシリーズ、何回目だっけ?

 

 

今回は、京王線の初台にある、東京オペラシティアートギャラリーを訪問(駅直結)。

 

 

と、その前に途中下車しないでそのまま終点新宿に。

 

 

以前から食べたいと思っていたラーメンがあるからです。

 

 

メンショー サンフランシスコ

 

今年の夏の夕暮れ、仕事帰りに首都高の渋滞にはまっていた時のこと。

 

 

なにげなく聴いていたラジオの、アンジャッシュ渡部さんのグルメコーナーで、おいしそうなラーメン屋さんの特集をやっていたのです。

 

 

テレビと違って声だけなので、想像がふくらんで、すごく食べたくなりました。

 

 

ベッカムも飛行機に乗ってわざわざ食べに来たA5和牛ラーメンや、季節限定のトウモロコシの冷たいらぁめん。

 

 

行ってみたいなぁと思いつつようやく実現。

 

 

実食

 

お店は新宿のミロード7Fにあります。

 

 

普段電車や人混みが苦手なのですが、道に迷いつつもがんばりました。

 

 

平日の11時40分ころ到着。並ばず入れました。

 

 

基本?のラーメンの「鶏白湯らぁめん」¥860をいただきました。

 

 

 

 

 

とてもおいしかったので、次回は「抹茶鶏白湯らぁめん」を食べてみたい。

 

 

田根 剛 | 未来の記憶

 

新宿から初台に移動。

 

 

今回もちらっとサイトを見てきただけなので、ほぼ予備知識0。

 

 

ですが、よかったです!(最近いいとこばっかり)

 

 

フランス在住の気鋭の建築家、田根さん(39)のお仕事ぶりがわかる展覧会です。

 

 

最初の部屋は壁と床一面に写真やポスター、カードなどがびっしり。

 

 

 

実物はけっこうな迫力でした。

 

 

過去から現在、様々な分野のイメージの奔流。

 

 

じっくり見ると、この世界の物質や思考の広大さなんかに思いを馳せてしまいます。

 

 

この前見た「オネアミスの翼」のラストシーンを思い出しました。

 

 

 

次の部屋はプロジェクターでの動画をはさんで、彼の今までのプロジェクトの説明と模型の展示です(これが大きい)。

 

 

エストニア博物館の資料や模型もよかったのですが(帰ってからエストニアの場所をグーグルマップで調べた)、なんといっても古墳!

 

 

2020年東京オリンピックに向けた、新国立競技場案に最後まで残った「古墳スタジアム」。

 

 

これ実現してたら、とてもユニークで日本らしさをアピールできたのではと思うくらいの模型と、イメージ映像でした。

 

 

(手前がエストニア博物館、奥が古墳スタジアム)

 

 

 

緑あふれてます。

 

 

 

 

ほかの建築もおもしろくて、じっくり観賞。

 

 

部屋をでたら、最後は壁一面に、いままでの彼のプロジェクトが紹介されていました。

 

 

(この壁20メートルくらいあったかな?)

 

 

 

こんなにたくさん仕事して、イメージも沸いてすごい建築家さんですね。

 

 

 

(キラキラしていてきれいです)

 

 

 

最後にさっきみた模型の作成の様子を、映像で観ることができました。

 

 

収蔵品展

 

さて帰ろうと思ったら上の階に行く階段が。

 

 

こちらは収蔵品展「異国で描く」です(こちらもぐるっとパスで見れます)。

 

 

写真はNGだったのですが、たくさん作品があって、西野陽一さんという人の作品とても気に入りました。

 

 

空いていたので、ひとりでかなり長い時間観ることができました。

 

 

というわけで、今回もとてもよい展覧会&、ビルもすてきでした。

 

 

12月24日までやっているそうなので、訪れてみてはいかがでしょう。

 

 

 

才能ありまくり

created by Rinker
¥1,100 (2021/10/22 21:40:40時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です