チームラボプラネッツ豊洲 最新情報です☆

 

 

とにかくすごいすてき体験だったので、何から書いていいのかわかりませんが、これから行く方に参考になるようなことを。

【11月12日(月)現在の情報です】

 

 

 

長文なので先にまとめ

 

・車の人は、ららぽーと豊洲に停めるとお得

・あくまで平日ですが、時間を区切っているせいかそんなに混雑していなかった

・水に浸かるところがあるけど、これからの季節でも寒くはない

・ロッカールームのあと、トイレに行っておこう

・アプリは操作がほかの人ともかぶるので、そこまでこだわらなくてもいいかも

・写真や動画もいいけど、やっぱり体験するのがおもしろい

・グループで行っても、1人で行っても、家族で行っても、デートで行っても、とにかく楽しめると思います

 

 

 

 

チケットと料金

 

チケットですが、チームラボのホームページから、①日にちと、②時間帯(30分単位で区切られています)を選びます。

 

 

11月から今までの料金体系と変わったようで、平日は大人1名2700円です。

 

 

土日は3200円なので、平日はちょっとお得。

 

 

混雑が苦手なので、ファストパスを考えていたのですが、なくなっていました。

 

 

そのかわり、30分単位である程度の人数しか購入できないようになっているらしく、待ち時間や、入場してからの混雑はそこまで心配しなくてだいじょうぶでした。

 

 

うちの人のiPad miniで事前に2名分購入(クレジットカード払い)して、入り口でQRコードをかざして2人つづいて入場しました。

 

 

アクセスとお得駐車情報

 

電車か車で行くことになると思いますが、電車の方はゆりかもめの新豊洲駅が目の前です。

 

 

ちなみに自転車で行く方には、駐輪場がありました。

 

 

 

今回は車で行くことにしたのですが、考えたのは車をどこに停めるのか?

 

 

公式ホームページに記載されていますが、平日限定でアーバンドッグららぽーと豊洲の駐車サービス券を1時間分もらえます。

 

 

しかもららぽーと、もともと土日平日問わず、最初の1時間は無料。

 

 

2000円以上買い物すればさらに1時間、3000円以上なら2時間無料なのです。

 

 

 

ということでららぽーと豊洲に停めることに。

 

 

 

ららぽーとからの距離と時間

 

 

気になるチームラボまでの距離と時間ですが、駐車場に車を停めたのが10時6分。

 

 

大人早歩きで現地到着が10時18分だったので、15分から20分みておけば確実かと思われます。

 

 

距離は1キロ弱でしょうか。

 

 

ららぽーとの駐車場(広い)のどこに停めるかと、歩く速度で多少変わってくるかと。

 

 

ちなみに私の場合は、駐車場は4Fで「K」というエリアに停めて、エレベーターで下に降りるまで3分少々かかりました。(よりよい場所や最短ルートはあると思います。)

 

 

駐車場も広いので、どこに停めるかは予定時間ギリギリだと大事。

 

 

ちなみに時間帯は、10時から10時30分のいちばん早い時間帯を選択していて、9時30分頃ららぽーとに到着予定だったのですが、実際は10時過ぎになってしまったのでけっこう焦りました。

 

 

チームラボまでの道順は、広くてわかりやすいです。

 

 

 

お子さん連れの方も多く歩いていました。

 

 

駐車料金は特に気にならないよという方には、すぐ横にコインパーキングがありました。

 

 

 

 

到着したら

 

 

 

黒い服の係の人が何人かいるので、スマホ画面を見せると、時間帯別に並ぶように誘導されます。

 

 

10時30分からの人たち(左側)がけっこう並んでいたのですが、10時からの人の列(右側)は20人ほどで、すぐに入り口に入れました。

 

 

 

改札?を入ると目の前にスペースがあり、正面の画面に注意事項がでます。1~2分程度。

 

 

(振り返ると改札&新豊洲駅 ピンぼけ。。)

 

 

 

それが終わると、みんなで靴をぬいで、ロッカーに行きます。

 

 

「おじゃましまーす」、みたいな感じで愉快。

 

 

ロッカーとハーフパンツ

 

ロッカーはたくさんあるので、好きな場所を(無料)。

 

 

 

 

くつ下を脱いで裸足になるのですが、ひざ下くらいまで水に入るので、貸出用のハーフパンツがあります。

 

 

一応まくれるようなものを履いてきたのですが、せっかくなので借りることに。

 

 

お手洗い横の着替えスペースで、お姉さんに「Mサイズ」をお借りしました。

 

 

(試着室にて、角のクッションのイスにのせたハーフパンツM)

 

 

 

履いてみたら、ピチピチ。

 

 

うーむと思い、「Lサイズ」に交換してもらうも、あまり変わらない。

 

 

私は168cmの60kgですが、「LLサイズ」でちょうどよかったです。

 

 

男性の方、参考にしていただければと思います(余計な時間がかかったので)。

 

 

ちなみにタイトな上に、丈が妙に膝上で、イマドキのおされな感じになっていますが、それは水に濡れないためでしょう。

 

 

あとポケットはありません。

 

 

中に入ったら、暗いし、キラキラしたりしてキレイだし、人の服装なんてまったく気にならなかったです。

 

 

持ち物

 

入口で首にぶら下げるケースを渡されます。

 

 

(またもやピンボケ)

 

 

 

濡れないようにスマホをいれたりするようですが、入れたら写真撮りずらいかなと思い、なぜかガラケーを(入れなくてよかったかも)。

 

 

写真撮影用のiPod touch6は、手に握りしめたまま行ってきました。

 

 

体験スタート!

 

ここからは、ネットでもいろいろな情報があるし、あまり知らないで行く方がいいかなと思うので、ざっくり。

 

 

 

 

通路が雰囲気あってすてきです。

 

 

この先で足が水に浸かるのですが、なんか裸足っていいですね。

 

 

リラックスできます。

 

 

11月だしこれから寒くなるけど、どうかななんて思っていましたが、冷たくなくて全然だいじょうぶです。

 

 

入場してからは、ほんとひさしぶりに心の底からワクワクしました。

 

 

足が水に濡れた後は、スタッフさんにタオルをもらいます。

 

 

座って足を拭くことができるのですが、なぜかイスをフカフカだと勘違いして、いきおいよく座ったらおしりが痛かったので、お気をつけて。

 

 

楽しい!

 

最初のお部屋は、単純なんだけど、おおはしゃぎ&リラックスできます(大人も)。

 

 

しいて言えば、「無印良品の人をダメにする部屋」とでも。

 

 

薄暗いからはしゃいでも、人目が気にならず楽しめます。

 

 

ちなみに写真OK(フラッシュは✕)ですが、この部屋はほぼ真っ暗なので、撮っても写ってませんでした。

 

 

輝く世界!

 

暗い空間から、光り輝くキラキラの空間に!

 

 

写真や動画で見るのと、実際に体験するのは大違いでした。

 

 

夢の世界です。

 

 

人はそれなりにいるのですが、混雑というわけでもなく、世界に浸れます。

 

 

あと鏡を上手に使っているのか、とても広がりを感じます。

 

 

 

 

広いスペースがあって、そこには人がたくさんいましたが、上や下に目を向けると、今での人生で見たことのない景色が広がっていました(行ってみてのお楽しみですね)。

 

 

思わず寝そべったり、写真を撮ったり。

 

 

ほかにも

 

順路はひとつしかなかったのか、よくわかりませんが、一応全部体験できたと思います。

 

 

この空間もとても広く感じたのですが、明るくなった時に部屋の大きさをみて意外と小さいのに驚き。

 

 

 

次々と変化する世界。

 

 

 

 

魚や花ががゆらゆら流れて、幻想的。

 

 

水面のゆらぎとあいまって、本当に魚が泳いでいるようです。

 

 

 

 

けっこう見逃した方が多いと言われている、「冷たい生命/Cold Life」もしっかり観賞。

 

 

 

 

手前のベンチは、人がギリギリ4人がけ。

 

 

この部屋に気づく人が少ないのか、しばらくプライベートシアターのようでした。

 

 

大きなボールの部屋は、わざとボールとボールの狭い隙間に入って、ムニューっとつぶされつつ、向う側に突き抜けるのが楽しかったです。

 

 

最後は、プラネタリウムのような天球の部屋。

 

 

床が回っているのか、壁が動いているのか、ちょっと不思議な感覚。

 

 

寝そべってみてると、真っ暗な宇宙に、カラフルな花や蝶が舞う空間です。

 

 

 

終わってみると、あっという間の1時間20分。

 

 

中にいる間は、浮世のことを忘れ、夢中で楽しめました。

 

 

こんなすてきな施設を作ってくれた人たち、ありがとうございました。

 

 

(現実にもどってきた)

 

 

 

外にでると、目の前にすてきなレストランがあったのですが、今回はお台場でランチだったので行けず。

 

 

 

 

すてきな外観だったので、出てきたらすぐに食べたいという人は行ってみるとよいかも。

 

 

ららぽーと豊洲までの帰り道は、ちょっと水辺の道を選択。

 

 

広々としてて気持ちがいい。

 

 

 

 

ららぽーとの中にもいろいろとお店があるので、のぞいてみては?

 

 

とても楽しい1日でした。

 

 

今度はチームラボお台場の方も行ってみたくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です