上野にある「旧岩崎邸庭園」ご存知ですか?

 

 

都営地下鉄大江戸線

 

ぐるっとパスの地図を見て、両国から行けそうな、上野エリアの施設を探しました。

 

 

割引ではなく入場できて、今まで行ったことのないところ。

 

 

「旧岩崎邸庭園」?

 

 

ふーん、古い建物と庭園、、、よしここに行ってみよう!(無知)

 

 

上野御徒町

 

 

「御徒町」も名前は聞いたことあるものの、はじめて降りた駅。

 

 

駅から徒歩10分ということで、地図を頼りに歩きます。

 

 

 

 

途中、大きな池だなーと思っていたら、「不忍池」(しのばずのいけ)でした。

 

 

池の植物、たぶん蓮だと思いますが、この季節枯れまくってました。

 

 

今度きれいに咲いてるときに、再訪したいです。

 

 

 

 

到着

 

ちょっと迷ったもののなんとか、入り口に到着。

 

 

 

 

この時点ではまだあまり期待してなくて、ささっと見て次はどこに行こうか?と考えていました。

 

 

入り口から広々した砂利道を歩きます。

 

 

紅葉とあいまって、なんか歩いていて気持ちいいです(そこそこ歩く)。

 

 

道を左に折れて受付が見えてきました。

 

 

 

 

受付でぐるっとパスを見せて、左を向くと建物が。

 

 

 

 

このあたりから、この場所なんかいいかもと思いはじめて。。

 

 

お邪魔します

 

いよいよ旧岩崎邸に足を踏み入れるのですが、警備の方にビニール袋を渡されます。

 

 

ここで靴を脱いで、袋にいれて持ち歩くようにとのこと。

 

 

おそるおそる靴を脱いで上がるのですが、赤い絨毯!

 

 

なんかこの辺からテンション上がってきました。

 

 

 

 

 

中から外を見ると

 

 

 

 

なんか歴史を感じるというか、重要文化財というだけのことはあります。

 

 

今から120年くらい前の、1896年(明治29年)に建てられたそうです。

 

 

 

 

天井や壁の模様もいろいろと由来があるようです。

 

 

 

 

2階ベランダから、庭を眺めます。

 

 

 

 

お宝か?模様がきれい。

 

 

 

 

ちょっとした照明がモダンな感じです。

 

 

 

 

平日だけど、けっこう見学の方々でにぎわっていました。

 

 

迎賓館としての洋館から、生活の場としての和館に。

 

 

 

 

小さな庭もすてきでした。

 

 

これが個人のお宅だったとは、すごいですね。

 

 

三菱

 

最初は岩崎さんて誰?という私でしたが。

 

 

ここまできて、「岩崎邸」とは三菱財閥初代の岩崎弥太郎が邸地を購入。

 

 

そして財閥3代目の岩崎久弥が建てた邸宅だったのかと、説明を読んで認識。

 

 

帰宅してから、三菱家の創業の歴史本を読んで、理解を深めました。

 

 

庭にでて

 

和館から靴を履いて外の庭にでます。

 

 

少し寒かったのですが、広々とした気持ちのいい庭園。

 

 

 

 

先ほど庭を眺めた、2階のベランダが見えます。

 

 

 

 

 

帰ってから知ったのですが、この建物、120年の間にいろんな出来事を見てきたのですね。

 

 

まとめ

 

・美術館だけではなく、こういう庭園などもとてもすてき体験ができます。

 

・知らなくてもすてきですが、背景を知るとさらに理解が深まっていろいろ考えさせられます。

 

・写真があまり上手ではないので、魅力を伝え切れていないのですが、一度は訪れる価値があるところだと思います。

 

 

まだまだつづく

 

お腹空いてきたのですが、もう少しがんばって、次の目的地のため、御徒町駅に戻ります。

 

 

つづく

 

 

 

 

後日この本読んで、今ある三菱というグループがどんな風に始まったのか。(波乱万丈です)

 

 

創業者からの4人はどんな人たちだったのか、どんな人生を送ったのかなどを知りました。

 

 

読み物としてとてもおもしろかったです。

 

created by Rinker
¥800 (2021/10/17 21:13:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です