はじめてのハローワーク☆

 

お仕事

 

年も明けたので心機一転、求職活動開始!

 

 

という事で、行ってみました、「ハローワーク」。

 

 

正式名称は「公共職業安定所」、略して「職安」。

 

 

個人の感想です

 

なんとなーくですが、あまりいいイメージがなくて(あらためてウィキペディアで調べて納得)、今まではネットで民間の求人サイトなどを眺めていました。

 

 

ただ正月に帰省したおりに、何度も転職経験のある姉から、ハローワークを勧められたので行ってみることに。

 

 

準備

 

ハローワークを検索して見ると、まずカードを作るところからスタートのようです。

 

 

その際、事前にパソコンで情報を打ち込んでおくと、現地で記入の手間が省けます。(求職情報仮登録といいます)

 

 

行ってみた

 

最寄りのハローワークを調べて、府中に行くことにしました。

 

 

電車に乗って府中で下車。歩いて10分ちょっと。

 

 

 

ついにやってきました。

 

訪れたのは月曜日の午後2時。

 

 

突入

 

中に入り右手を見ると受付があり、「はじめて来ました」と告げ、仮登録の番号を伝え、しばらく待ちます。

 

 

ちょうど混みあった時間だったのか、10分ほど座って待機。

 

 

その間、テレビで職業訓練の映像を繰り返し流しており、全然仕事見つからなかったら、こういう選択肢もあるのかなとぼんやり。

 

 

しばらくして呼ばれ、説明を受けて「ハローワークカード」をGET!

 

 

このカードを手に入れることで、わたしもハローワーカーの仲間入り☆

 

 

求職情報検索

 

このカードを持つことで、所内にあるパソコンで求職情報を閲覧&プリントアウトすることができます。

 

 

気になる条件の仕事があったら、窓口で相談も。

 

 

自宅のパソコンで検索するよりも、より詳細な情報を見ることができます。

 

 

2、30台くらい?のパソコンに、年代、性別、さまざまな人たちが真剣な表情で向かい合っています。

 

 

この人たちみんな仕事探してるのか、と不思議な気持ちに。

 

 

とりあえずカードをGETして第一関門をクリア。

 

 

端末の使い方もわかってきたので、この日は帰宅。

 

 

この日のまとめ

 

・「失業」とか「無職」ってちょっと後ろめたいというか、恥ずかしい気がしていたのですが、そんなことは個人の思い込みで、別に誰も見てません。

 

・ハローワーク、もっと早くくればよかった。

 

・まずは仮登録して「ハローワークカード」をゲットしよう。

 

・自分にあった条件で検索(わからなければ窓口で相談)。

 

・プリントアウトした求人情報をたくさん比較してみると、経験値が上がっていろんなことがわかってきます。

 

・窓口の人は別に怖くありません。親切にいろいろと教えてくれます。

 

 

という事で次回につづきまーす。?

 

 

以前読みました。

created by Rinker
¥3,670 (2021/10/23 05:13:55時点 Amazon調べ-詳細)

こちらも。。。

created by Rinker
¥660 (2021/10/23 05:13:56時点 Amazon調べ-詳細)

新しいのはこちらです。

created by Rinker
¥2,860 (2021/10/23 05:13:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です