箱根のポーラ美術館で「ロニ・ホーン展」☆

 

 

秋のおでかけ

 

SNSを見ていたところ、ちょっとすてきな写真が。

 

(ポーラ美術館アプリの画像から)

 

 

ポーラ美術館で開催されている(~2022年3月30日まで)「ロニ・ホーン展」のものらしい。

 

コロナも下火だし、久しぶりに遠出してみよう!ということで行ってきました。

 

 

ドライブ

 

朝7時に出発。

 

東名高速で途中渋滞にあったものの、9時30分に美術館到着。

 

コロナで遠出をしていなかったせいか、高速道路でスピードを出す感覚とか、カーブを繰り返す山道を走る感覚がひさしぶりでなんか新鮮でした。

 

 

到着

 

駐車場に車を停めて、美術館の入り口に向かいます。

 

 

木々の間から、ガラスのすてき建築が見えてきて、うっとりです。

 

建物に入り、ガラスの天井から光が差し込んでいる中、広々とした空間をエスカレーターで降りていきます。

 

 

この時点で来てよかったなーと思いました。

 

ちなみにポーラ美術館のアプリを見せると入館料300円オフです。

 

 

ロニ・ホーン

 

肝心の展示ですが、お目当てのガラスが黄色で、パンフレットにあった青いガラスはなかったです。

 

黄色のものもそれはそれでよかったのですが、青いのが見たかったのでちょっと残念。

 

他の展示も、広々とした空間と相まって、ゆっくり見ることができました。

 

 

時間が早かったせいか、人もまだ少なかった。

 

 

ティータイム

 

レストラン「アレイ」に行くか、カフェ「チューン」に行くか、悩んだのですが、カフェは10時オープン。

 

 

ちょっとくたびれたのと、10時ちょうどで目の前でカフェがオープンしたので、勢いで午前のティータイム。

 

 

本日最初のお客さんです。

 

ロニ・ホーン展オリジナルドリンク「ムーン・ウォーター」を記念に飲みました。

 

 

ケーキも美味しかった。

 

吹き抜けの天井からは青空が見えて、目の前のガラスの向こうには緑の木々がひろがっています。

 

すてきカフェですね。

 

しばらくのんびりとくつろぎました。

 

 

森の遊歩道

 

展示はほかにも4つほどあったのですが、その中でも「モネー光の中に」という部屋がすてきでした。

 

絵も大事ですが、どのように展示されるかで雰囲気が変わりますね。

 

その後、ミュージアムショップを流したあと、とりあえず行っとくかくらいの気持ちで美術館の外の「森の遊歩道」にトライ。

 

ゆっくり歩いて40分くらいらしい。

 

つまんなかったり疲れたら帰ろうと思っていたら、これが歩き始めて数分でとても気持ちいいことに気づきました。

 

 

まず人が少ない。

 

そして天気が良かったせいもあり、午前中の木々の間からの木漏れ日がキラキラしてとても美しい。

 

たまに現れる展示もかわいかったり、おもしろかったり。

 

あとサウンドインスタレーションの作品で、森の奥から笛の音が聴こえてきたのですが、これがちょっと不思議な音階。

 

最初は誰かが笛の練習をしているのかと思った。

 

少し歩いたら、何か所か木にスピーカーをくくりつけてありました。

 

そんなこんなもあり、この遊歩道、美術館とおなじくらい気持ちのよい体験でした。

 

たぶん見ないで帰ってしまう人も多いのでは?

 

 

ランチ

 

大満足で美術館をあとに。

 

時刻はほぼ12時。

 

本日のランチは宮ノ下にあるイタリアン。

 

以前も来たことがあるお店で、おいしくてボリュームもあった記憶。

 

自家製のホイップバターが、フワッフワでおいしい。

 

 

 

カルボナーラを頼んだのですが、濃厚で美味しかったです。

 

 

お腹いっぱいで満足しつつ、13時過ぎ早めに帰宅。

 

高速も帰りはスイスイでした。

 

 

まとめ

 

・ポーラ美術館に行くなら、アプリをダウンロードするべし。

入館料300円オフと、レストラン,カフェが5%オフになります。

 

・朝、早い時間帯だと(土曜日でしたが)人も少なく、ゆっくり鑑賞できます。

 

・森の遊歩道は、かなり気持ちが良いのでおすすめ。

 

 

ポーラ美術館、また惹かれる展示があったら再訪したいです。

紅葉の時期になったらさらにすてきですね。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です