Miband6の液晶画面割れを交換修理しました⭐︎

 

 

 

 

届いた

 

前回お知らせした、Aliexpress の注文品届きました。

 

2月2日に注文して届いたのが2月19日。

 

もっとかかるかと思っていたので、実は新しいすてきウォッチを購入してしまいました!!(すてきすぎるので次回発表)

 

 

中身

 

液晶画面本体と、付属のスマホ修理キットっぽいものが同梱。

 

写真と読めない英語の説明文を見て、雰囲気で購入しましたが、なんとか大丈夫そう。

 

 

修理開始

 

YouTubeで修理動画を何本か見て事前に予習。

 

まず最初に、①割れた液晶画面を外すことからスタート。

 

ヒートガンなるもので温めてから剥がすとか、シール剥がしというもので開けやすくするとかありましたが、とりあえず海外の動画で見た通り、カッターで削ってみることに。

 

 

これが全然ダメ。

 

20分ほどやったところでギブアップ。

 

どうせきれいに外せないのならと思い、付属の小さいマイナスドライバーで割れた部分をホジホジ。

 

なんかポロポロはがれてきました。

 

精密機器だしホントはダメかもしれません。

 

なんとかガラスを全部取り除きました。

 

 

細かいホコリをフーッとして取り除きます。

 

 

 

②  液晶の下にあった薄い金属部分を持ち上げて、基盤を黒いシールを剥がしてから取り外します。

 

 

そーっと引っ張ったら取れた!

 

 

裏表を見て、交換部品と同じようなので一安心。

 

 

 

③  あとは新しい部品を取り付ければ完成!と思ったのですが、部品がコネクタ?に刺さらない。

 

 

 

すごく薄いし、機械部分に指でさわってはいけないのかと思っていたのですが、刺さらないと治らない。

 

少し悩んだのですが、親指の腹でコネクタの先端部分をぐっと押さえて、なるべく同じ高さにして、じわじわと指を滑らすように挿入。

 

 

ゆっくりやって、なんとか入ったような。

 

裏返して画面を見ると、表示されてる!

 

 

あとは一応外れないように、黒いシールみたいなのを元のように移植。

 

画面を本体にはめて、ほぼ完成。

 

この日はここまで。

 

 

④  本体部分に接着。

 

翌日、あまり予算をかけたくなかったので、接着剤も100均で購入。

 

 

あとではがせるような接着剤とかもあるようでしたが、もう不具合が起きても外さないかなと思い、瞬間接着剤でくっつけることに。

 

本体のふちに、そーっと接着剤をつけて画面をのせたら完成です!

 

 

 

⑤ バンド交換

 

割れた原因はぶつけたからではなく、落としたからなので、手首から外れないように、ナイロンベルクロの替えバンドを装着。

 

アリエクで同時に注文。

 

送料込みで240円。

 

 

付け替えは簡単にできました。

 

品質も問題ないです。

 

 

まとめ

 

今回の修理にかかった費用は

 

交換用の部品 1781円(送料込み)

接着剤 110円

 

合計 1891円でした。

 

 

めでたしめでたし!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。