この空気入れすごい!

 

 

きっかけは、スクートマンです。

 

タイヤの空気圧を入れるのに、近所のガソリンスタンドに行くのですが、電動スクーターのためにガソリンを入れる必要がありません。

 

何度か空気を入れてもらったのですが、無料でやってもらうため、なんだか申し訳ない気持ちに。

 

 

そこで自分で入れる方法はないかと思い、電動の小型の空気入れを探してみました。

 

例によってAmazonで探し、よさそうなのがあったのですが、レビューを見ると、けっこう大きめの音がするというのと、ボタンを押せば瞬時に空気が入るわけではないとのこと。

 

 

ちょっと思っていたのとちがう。

 

 

そこからさらに調べているうちに、いわゆる自転車の空気入れで、車のタイヤに空気を入れられるという情報(時間と労力はかかる)を発見。

 

 

それならもしかして、スクーターのタイヤもいけるのでは?

 

 

自転車の空気入れで、売れ筋ランキング1番人気のものを購入しようと思ったのだが、ふと2番人気のものを見てみると、英、米、仏式のバルブ対応とある。

 

 

ざっくりとですが、

 

普通のいわゆるママチャリなどは「英式バルブ」

 

車とかオートバイは「米式バルブ」

 

タイヤが細くて競技用みたいなロードレーサーという自転車は「仏式バルブ」

 

ということみたいです。

 

 

スクートマン(米式バルブ)にも空気を入れられるし、すっかり乗っていないけどDAHONのROUTE(英式バルブ)もOK。

 

お値段も、電動のものは6000円くらいのものを買うつもりだったのですが、こちらはなんと1462円(購入時)。

 

というわけで、ちょっと心配しつつもこの値段ならということで購入。

 

 

「パナレーサー 空気入れNEW楽々ポンプ ブラック」 です。

 

 

昔、家にあった空気入れは、金属性の重いやつで、しかもなかなか空気が入らなかったイメージ。

 

しかし、パナレーサーはすごかった!

 

まず樹脂製で軽い。

 

さっそく、スクートマンのタイヤに空気を入れてみたのですが、手ごたえはそんなにないのに、軽く10回くらい上下したらもう規定値の2.8に。

 

もっと時間がかかると思っていたので、こんな簡単にと拍子抜け。

 

 

つづいて、室内保管していたDAHONの自転車。

 

 

こちらは米式バルブ。

 

 

こんな風に取り付けます。

 

 

だいぶ空気が抜けていましたが、こちらも15回くらいで空気がパンパンに。

 

あとで調べたら、空気の入れすぎはタイヤが破裂してとても危険なのだそうです。

 

予想以上の空気入れ能力に驚きです。

 

 

米式はそのままバルブに挿して固定。

 

英式はアタッチメントをつけてからバルブに固定。

 

いづれも一度やればかんたんに覚えます。

 

仏式はたぶん試す機会がないと思いますが。

 

あと根元の部分に、ボール用と浮き輪用のアダプターが入ってます。

 

 

この値段で、この機能、いろんな方式に対応。

 

これはちょっとすごい商品なのではないかと思います。

 

 

ふだん周囲の人と、自転車の空気入れについて話し合う機会がないので、これみんな知ってるのかな?と疑問。

 

知らなかったのはわたしだけなのか。

 

週末テニスの練習があるので、パナレーサーを持っていき、自転車で来ている人に、空気を入れてあげようと思います。

 

 

知らなかったあなたには、とってもおすすめの、すてき空気入れでした。

 

 

created by Rinker
パナレーサー(Panaracer)
¥1,330 (2021/10/22 18:37:06時点 Amazon調べ-詳細)


 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です