Scootman S8 その4 走行レビュー

 

Scootman その1

Scootman その2

Scootman その3

 

 

次の日、本来の目的である片道3キロくらいの距離のテニスコートまで往復。

 

初めてなので大きな道路は避けて、細めの道を行くことに。

 

 

公式の最高速度は30キロとのことですが、寒さのせいか、最高速度は平均で25キロくらいの印象。

 

前日は気がつかなかったのですが、車が後ろから来るとやはりこのスピードではきびしいです。

 

何台か端によって追い越してもらいました。

 

体感だと、せまい道ではスピード出てる感があったのであまり気にしていなかったのですが、やはり大きな道ではとても遅く感じます。

 

逆に大きな道路は、左端によっていれば追い越してもらえるので多少はましですが、片側1車線のような道路だと、車側も抜くに抜けなくて迷惑になってしまうと思います。

 

 

あとバックミラーの調整はとても大事。

 

付属の工具はうすいスパナが一個だったため、あまりしっかり固定できず、走り出してからミラーがくるくると動いてしまい、後方確認がしっかりできませんでした。反省。

 

(後日100円ショップで14mmのスパナを2本購入。2つあると片方を固定してもう片方で締め付けるので便利。)

 

 

ウインカーも左右真ん中の3つに動くのだけど、走行中はウインカーをだしたままなのか、もどしたのか、指先の感覚ではちょっとわかりづらいです。

 

この辺りは慣れでしょうか。一応メーターパネルにはウインカーのマークが点滅します。

 

 

タイヤの空気圧ですが、ガソリンスタンドで入れてもらおうとしたものの、どの位いれたらいいのかわからなかったので調べてから後日入れることに。

 

販売店に問い合わせメールしたところ、すぐに返信がきました。

 

タイヤにも記載されていますが(気が付かなかった!)

 

280kpa 2.8bar とのことです。

 

指定通りの空気圧にしたら、乗り心地が良くなりました。

 

 

乗り心地といえば、乗車姿勢というかポジション。

 

停車時に168cmの45男が、ちょうど足裏がべたっとつく座面の高さ。

 

高さ調節の機能はないので、ちょうどよくてよかったです。

 

あと走行時ですが、長時間乗るとどうかなと心配していたのですが、無理のない姿勢でとても快適です。

 

 

この日の帰り道に、残り電池残量が1になったり2になったりしたので、週末に初充電しました。

 

満充電まで4時間30分ほどかかりました。

 

充電中はアダプターのランプが赤。充電完了時は黄緑になります。

 

ちなみに折りたたんだ状態では、アダプターにつなげないので、充電できません。

 

車体を開いた状態で、そのままつなぐか、バッテリーを外してつなぐかのどちらかになります。

 

ここはちょっと不便に感じます。

 

 

ついでにもうひとつ残念なところは、電源をオフにする時、ボタンを押すと「ピヨッ、ピヨッ!」と大きめの音が鳴ることです

 

せっかく静かに帰ってきたのに、大きな音が瞬間的とはいえ鳴るのは、ご近所迷惑かなと思います。

 

これは問い合わせしたのですが、現時点ではしょうがないようです。

 

そのうち改良版がでるかもしれないですね。

 

とまあ長々と思ったことを書きましたが、この文章がどなたかの参考になれば幸いです。

 

 

 

スクートマンのその後

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です