高尾山にSnoppaM1を持って登ってきました

 

 

先日ふと思い立って、高尾山に登ってきました(体力づくり)。

 

京王線に乗り、終点の高尾山口駅に到着。

 

 

改札をでて、右側に歩いていきます。

 

高尾山は登山道がいくつかあるみたいで、1番楽な舗装されているという1号路で行こうと思っていました。

 

しばらく歩くとロープウェイの乗り場がありました。

 

乗ってみたいけど体力つけたいしと思い、左の方に道があったので進みます。

 

なんか昔登った道とちょっと感じ違うなと思ったら、6号路と書いてある立て札が。

 

まぁいいかと思い、歩き始めました。

 

 

登り始めてすぐに、こんな感じの山道になります。

 

日常とはまったく違う世界です。気持ちいい。

 

人もたまにすれ違うくらい。

 

思ったより疲労しまして、途中ベンチで休むこと2回。

 

最後の方にこんな川みたいなところ登るの?的なところがあったのですが、なんとか濡れずにクリア。

 

そのあと、もう少しで頂上付近ということで、持ってきたジンバルとカメラで動画を少し撮りました。(カメラはMUSONのMC2です)

 

 

ジンバルなかったら、ぶれぶれの動画になったと思います。

 

高尾山の雰囲気を感じていただけたら幸いです。

 

 

頂上は人も多くにぎやかでした。

 

幼稚園の遠足のこどもたちがたくさんいたのですが、すれ違う大人たちにあいさつしていて、とてもほのぼの。

 

 

少し休んで、下りは当初登る予定だった1号路で。

 

舗装されていたのですが、途中からかなり急な坂で、太ももの前がパンパンになりました。

 

くつはお気に入りのソックダートを履いていったのですが、下りるたびにくつの中で足が滑るので、ちゃんとひものくつで行くことをおすすめします。

 

 

途中、薬王院で天狗さまに遭遇。

 

 

昔すれちがったのは、このお方たちだったのかもしれません。

 

 

ちなみに下りでも動画を撮ったのですが、ジンバルが水平を保とうとするせいか、進行方向(下りだからすこし下目?)にうまくカメラが向かなかったです。

 

なんかテクニックがあるのかも。

 

あと、やはり歩く時の上下のブレは多少でますね。

 

そーっと歩けばいいのかな。

 

試行錯誤しながら、すてき動画を撮れるようになりたいと思います。

 

 

 

 

 

ちいさいころに読んだと思うけど、どんな話かまったくおもいだせない・・

 

created by Rinker
¥990 (2021/10/18 00:57:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

使用したカメラの進化版がこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です