ぐるっとパスで戸栗美術館とダロワイヨ☆

 

 

前回のつづきです。

 

 

松濤を散歩

 

「松涛美術館」から徒歩5分ほどの場所に、陶磁器専門美術館の、「戸栗美術館」(とぐりびじゅつかん)があるとのこと。

 

 

こちらもぐるっとパスOKなので、これは行かなくては。

 

 

というわけで、松涛の住宅街をてくてく歩きます。

 

 

やはり高級住宅街といった感じの、すてきな邸宅が多かったです。

 

 

途中、お店らしき入り口に女性が立っていて、目があうと「こんにちは」とさわやかな笑顔であいさつしてくれました。

 

 

あとで調べたら、「シェ松尾」という高級フレンチのお店だそうです。

 

 

こんなすてきスタッフさんがいるなら、いつか訪れてみたいものです。

 

 

戸栗美術館

 

さて戸栗美術館に到着。

 

 

 

 

中に入って受付をすませると、すてきなラウンジが。

 

 

 

日差しがやわらかく降り注いでいて、よい雰囲気です。

 

 

有田焼?伊万里焼?鍋島焼?

 

 

さて1階、階段わきの、やきもの展示室では、なにやら割れた陶器のかけらがたくさん。

 

 

焼き物の知識が全くなく、ここにくるまで、「伊万里焼」とかかすかに聞いたことがある程度。

 

 

今回の展覧会の「鍋島焼」とは、佐賀県の有田で作られた「伊万里焼」の中でも、特に将軍家や諸大名に献上されるものだそうです(17世紀中ごろからの話)。

 

 

ちなみに「有田皿山」で作られた製品が、「伊万里港」から積み出されたために、「有田焼」は通称「伊万里焼」と呼ばれるようになったそうです。

 

 

そしてさっきの割れた陶器は、当時、佐賀から江戸に運ばれるまでの間、割れてしまったものでした。

 

 

途中でうっかり人が落としてしまったり、船で運ぶあいだに割れてしまったりとたいへんだったみたいです。

 

 

佐賀から江戸は遠いですよね。

 

 

 

ちなみに地図見るまで、私、佐賀県の位置をはっきり知りませんでした。

 

 

九州の方、なんかすみません。。

 

 

 

その後、すてきな階段を登り、2階で展示室でいろんな名品を鑑賞。

 

 

展示もよかったですし、建物もすてきでした。

 

 

渋谷エリアを訪れる際は、この2つの美術館をいっしょに訪れるのがおすすめです。

 

 

すてきケーキ♡

 

帰りは先日よいことがあったので、ケーキでも買って帰ろうと、東急百貨店のデパ地下に。

 

 

うろうろして、おいしそうなケーキ屋さんを発見。

 

 

店員さんにおすすめを聞いて、お店の看板メニューと、ちょっと変わった四角い!シュークリーム。

 

 

そしてお店の名前を冠したケーキと3つお持ち帰り。

 

 

 

 

眺めているだけでうっとり。もちろん3つともおいしかったです。

 

 

お店の名前は「ダロワイヨ」さんでした。

 

 

歴史があるんですね。

 

 

世間は知らないことだらけです。

 

 

 

次回はこれ食べたい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です