はじめてのスマートバンド「Mi Smart Band6」☆

 

 

 

ついに

 

購入してしまいました。

 

 

以前から、必要ではないけどあったら楽しそう、というのでアップルウォッチとかが気になっていました。

 

でも値段もなかなかですし、毎日充電しないといけないとか面倒そうで、いまいち購入に踏み切れませんでした。

 

 

そんなある日

 

今週のはじめ、ネットでスマートバンドを愛用している人の記事を読んで、なんか興味でてきました。

 

メーカーは「Xiaomi(シャオミ)」という中国の会社。

 

最近けっこう聞く名前。

 

スマートウォッチよりすこし細い、スマートバンド

 

お値段も6000円でおつりがくる。

 

いろいろと情報を調べて、そろそろ買いかなと思い、Amazonでポチっ。(水曜日の夕方)

 

木曜日の朝には届いてました。(いつも思うけどAmazonPrimeすごい)

 

 

開封

 

Amazonの箱でやってきました。(置き配)

 

 

箱の中身。

 

時計本体の裏にはセンサーか。

 

充電はマグネットでピタっと簡単。

 

0%でしたが、USB充電で1時間ほど昼寝している間に100%になってました。

 

 

アプリ

 

iPhoneSE2にアプリをダウンロード。

 

Mi Fit」という名前です。

 

画面の指示に従って、ペアリングします。

 

 

ここまで、そんなにむずかしいところはなかったです。

 

そして一通り設定が終わって、スマートバンド生活スタート!

 

 

 

感想

 

1日使っての感想です。

 

まず着け心地ですが、そんなにきつくしなくてもだいじょうぶみたいです。

 

心拍数とかふつうに測定できます。(地味におもしろい)

 

コロナで話題の、血中酸素レベルを測定できますが、この時はバンドを少しきつく締めることが推奨されます。

 

ちなみに測ってみたら「98%」とでました。(合ってるのかな?)

 

実は腕時計とかずっとつけてるのが苦手で(なんで買った!)、夜なかなか寝れず1度外してしまったのですが、睡眠の質なんかも測定してくれるらしいので、真夜中に目が覚めた時、再度装着。

 

なので今日の睡眠の記録は中途半端でした。

 

ただ短い(3,4時間)時間ですが、レム睡眠とかノンレム睡眠とか睡眠時間全体の測定はなんとなく合ってる感じなので、なるべく外さずに記録をとってみたいと思います。

 

ちなみに常時点灯ではなく、画面を指でちょんとさわると表示されます。

 

普段

 

ちょんとさわると点灯

 

おもしろかったのでとりあえず1日レビューしましたが、まだいろいろと機能があるみたいなので、1週間か2週間したらまた気づいたことをレポートしてみたいと思います。

 

 

とりあえず久々の未来っぽいガジェットで楽しいです。(小さく光る高性能!)

 

 

 

最安値で日本正規代理店ということでこちらから購入しました。

タイミングによってはクーポン(300円オフのクーポンで購入しました)とかついてたり、値動きありそう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です