府中市美術館で⭐︎

 

 

以前から気になっていた展覧会に行ってきました。

 

府中市美術館で開催中の、「池内晶子 あるいは、地の力をあつめて」展です。(2月27日まで)

 

仕事で半休取れたので午後行くことに。

 

お昼ごはんは、PayPayクーポンもあったので美術館近くのロイヤルホスト府中東店。

 

こちらも以前から気になっていた「コスモドリア」のスペシャルランチをいただきました。

 

 

ドリアにはチキンや海老、マロンが入っていたりと、ロイヤル伝統の味だったのですが、印象に残ったのは、食べ終わるまでずーっと熱々だったこと。

 

冷めずにおいしくいただきました。

 

 

平日の午後、ひとりロイホでのんびりランチして、このあと美術館ですてき展示を観るのだ!と思うと我ながらいいご身分です。

 

ドリンクバーで食後のコーヒーを楽しんだ後、いざ美術館に向けて出発。

 

車で行ったのですが、美術館から歩いて少しのところの無料駐車場に駐車。

 

歩いて到着。

 

 

入館料は、ぐるっとパスで2割引の560円。

 

広々としていて気持ちのいい空間です。

 

 

エスカレーターを上り、チケットを渡して、最初の作品とご対面。

 

感想ですが、すごくよかったです。(なんと月並みな表現。。。)

 

広い空間に赤い糸の作品があるだけなのですが、かんたんに言うとずーっと見ていられる系

 

大巻信嗣氏の「Liminal Air」という作品を思い出しました。

 

作品を近くで見たり、離れて見たり、しゃがんで見たりと、目線が変わることによっていろいろ楽しめます。

 

パンフレットに載っている写真とは違い、真っ白な空間ではなく、フローリングの木の色と壁の白の空間ですが、それもまた良い感じです。

 

残念ながら写真は不可。

 

最近は撮影OKの展覧会も多いので、ちょっと残念。

 

2番目の作品は、暗い部屋の天井から白い糸が1本ぶら下がっていて、そこにスポットライトの光が当たっていると言うもの。

 

これだけ?と思ったのですが、やはりついじーっと見てしまいます。

 

3番目の作品は1番目の作品と似ていて、見る角度によっていろいろ変わります。

 

大きな展示は3点だけなので、人によってはあっという間に終わってしまうかも。

 

私は人が少なかったこともあり、じっくり鑑賞することができて満足です。

 

外の空間にでて、もう1部屋展示がありました。

 

正直あまり期待していなかったのですが。

 

(ここは写真OK)

 

手前の作品もよかったのですが、奥にチラリと見えるポストカード大のドローイング?がとてもとてもすてきだったのです。

 

 

8×16で128枚の絵があったのですが、さまざまなイメージのものがあり、かなり長い時間眺めてしまいました。

 

作者が毎朝、夢で見たイメージを書き溜めたものといった説明があったような。。

 

それにしても、糸の展示も良かったのですが、こちらのドローイングにこんなに心惹かれるとは。

 

いろいろな形や色、水彩画のような淡くにじんだものなど、今となっては記憶もあいまいですが、ずーっと見ていたくなりました。

 

あまりに気に入ったので、図録を購入しようかとも思ったのですが、まだ準備中とのことで、販売されていませんでした。残念。

 

さて、今回はすてきアートに出会えてとても満足な日でした。

 

ぐるっとパスで行きたいところがまだいくつかあるので、コロナに気をつけつつ楽しみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。