ルンバVSブラーバ 我が家の場合☆

 

 

 

どうも掃除大臣です

 

家のおそうじ、やりはじめると熱中するタイプです。

 

今まで当ブログで、いくつかおすすめのおそうじ道具を紹介してきました。

 

まだ紹介してなかったお掃除家電。

 

それはルンバとブラーバです。

 

うちのルンバ

 

2012年購入。

 

 

購入の1番の動機は、新しもの好きなので使ってみたかった。

 

ベッドの下など、掃除機が届きにくいところに便利かなと思ったのもあります。

 

 

6年ほど使ってみて

 

今は寝室専用となっています。

 

使う頻度は週に1,2回。

 

ベッドの下にホコリが見えたら、という感じです。

 

購入当初は2階リビングや3階にも、持って上がって使っていました。

 

でも移動するのに、持ち運びがやや重くて面倒に。充電ステーションのコンセントも。

 

 

ルンバのよいところ

 

・ロボット掃除機ということで、一度セットしてしまえばあとは楽。

 

 

ルンバのご不満なところ

 

・2階3階に持ち運びするには微妙に重い

 

掃除機のそうじをしなくてはならない。吸い取ったホコリをゴミ箱に入れるだけならよいのですが、ダストボックスが水洗いできず、エアダスターなどで定期的にホコリを飛ばさなくてはならない。(そのためにブロワ購入しました)

 

(黄色の部分などを、ブロワで風をあててホコリを飛ばす)

 

 

・地味にが大きい。(個人の感じ方ですが)

 

・1週間に1度という使い方なので、使う前に充電しなくてはいけない。(充電してても放電してる。これは6年以上使ったからかもしれません。)

 

 

上記の不満点は、あるいは新機種では解消されているかもしれず、また使用する家の環境によって気にならない方も多いと思います。

 

ただ我が家の環境では、このように感じてしまうのです。

 

2階リビング、3階はマキタモップの方が早いし楽です。

 

 

ブラーバ

 

正確には我が家のは「ブラーバジェット240」です。

 

 

2018年夏の初夏に購入。(たしかキャンペーンで使い捨てパッドをもらえたような記憶が。。ちなみにブラーバ手拭いも)

 

購入時に、ちょっと大きいブラーバとどちらを購入すべきか迷いました。

 

大きい方は、市販のクイックルワイパーが使えて、ランニングコストが安いなどの面がありましたが。

 

このブログのサブタイトルは「小さく光る高性能」。

 

そうです、より小さいほうが好きなんです。

 

ということで購入を決定した記憶があります。

 

 

ブラーバジェットのよいところ!

 

(以下、ルンバとの比較です)

 

・小さく軽い

・音が静か

・2,3階への持ち運びが苦にならない。(充電ステーションもないため)

・準備が簡単。あらかじめ充電しておいた、①充電池をセットして、②クリーニングパッドを装着、③水を入れる。④あとはスタートボタンを押すだけ。

 

 

パッドをスライドして装着するだけ。

 

 

・掃除後の片づけが楽。ゴミ箱の上でボタンをスライドさせるとパッドがポトリと外れ、ゴミ箱に。

 

(左のボタンをスライドするだけで、パッドが外れます。ちなみに右は水を入れるところ)

 

・充電池が取り外し出来て便利。

 

 

 

・ブラーバジェット本体のお手入れ(そうじ)をほぼしなくてよい。←これ大事

 

 

ブラーバジェットの残念なところ

 

・お掃除スタートのボタンを押した後のメロディが、なんかイマイチ。

・細かいことですが、充電池のコンセントがたためず、出っ張っている(携帯のアダプターのようにたためれば。。)

 

 

置きっぱなしだと、もし踏んだら痛いし、棚にぴったり収納したいのに。

 

この2点は、しいて言えばですが。

 

 

我が家の使用法

 

基本的にこちらも、週末に1回という使い方です。

 

ちなみに床はほぼフローリングで、ラグなどは敷いていません。

 

ネットの感想で、裸足であるくと床がスベスベで気持ち良いとありますが、我が家は基本、スリッパ着用。

 

春、夏、は無印のルームサンダル(これすごくよいです)ですごすので、そこまで床がざらざらになるシチュエーションではないと思います。

 

なので毎日の掃除は、基本マキタサイクロンアタッチメントをつけてより良くなった)。

 

静かな夜などは、ホーキーのモップでササッと。&コロコロ

 

そして週末、ブラーバジェットの出番です。

 

確かに毎日、パッドを使うとコスト(1回100円くらい)が気になりますが、週1回ならそこまで気にしなくても平気です。

 

むしろパッドのランニングコストが気になるくらいなら、最初からモップで水ぶきしてがんばります。

 

 

パッドの種類

 

3種類ありますが、こちらの使い捨てウェットモップパッド一択です。

 

 

なぜなら、床を水ぶきするのが目的だから。

 

からぶきはあまり必要性を感じないというか。。

 

ただ、洗ってくりかえし使えるパッドもあるので、そのうち使ってみようかな。

 

結局、使い捨てまで含めてがブラーバのいいところなので、パッドを洗う手間が面倒なんです。

 

 

 

まとめ

 

・何のために購入したのか。それはお掃除が楽になり、また床がキレイになるからです。

 

・「拭き掃除にまさる掃除なし」、という言葉をどこかで目にしました。これもブラーバジェット購入の決め手になりましたね。

 

・使用する各家庭の環境で、ルンバがいいか、ブラーバがいいかは変わってきます。

 

・我が家にはブラーバジェットが良かったという結論でした。(でもルンバにももう少し頑張ってもらいます。)

 

・最後に。ブラーバが前方に水をピューッと発射して、一生懸命そうじする姿はとてもユーモラスです。

 

 

※こちらでおすすめしてますが、私自身はキャンペーンなどもあったので、iRobotの公式ページからブラーバジェットを購入しました。

 

 

KEEPOW iRobot Braava jet/ブラーバジェット 240 241 使い捨てウェットモップパッド ウェット15枚セット
KEEPOW

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です