ぐるっとパス2018 4月から6月のまとめ

 

 

4月に練馬のちひろ美術館に行ってから、あっという間の2か月でした。

 

ぐるっとパスは、初めに使った日から、2か月間有効です。

 

7館分のスタンプを集めて、スタンプラリーに応募したかったのですが、今回は4館しか行けませんでした。

 

 

 

それぞれの観覧料は

 

① 練馬のちひろ美術館  800円

 

② 世田谷の静嘉堂文庫美術館  1000円

 

③ 調布の神代植物公園  500円

 

④ 墨田区の京都江戸東京博物館 600円

 

合計2900円で、ぐるっとパスは2200円なので、700円お得でした。

 

 

本当は最低7館は行くつもりだったので、非常に残念。

 

もっとお得に使いたかった。。

 

 

でもこのぐるっとパスをきっかけに、いろいろとアートな情報をチェックしたり、行きたい美術館や展示など興味の対象が増えて、視野が広がった気がします。

 

 

ちなみに、スタンプラリーの7つのエリアとは

 

① 上野周辺エリア

② 東京・皇居周辺エリア

③ 港・渋谷・目黒・世田谷エリア

④ 新宿・練馬・池袋・王子エリア

⑤ 墨田・深川・臨海エリア

⑥ 多摩エリア

⑦ 神奈川・千葉・埼玉

 

 

はじめに遠いエリアから攻めて、終盤の余裕がない時に、近くのエリアでスタンプを押す作戦がよいかなと思いました。

 

2か月といっても、ちょっと週末に予定が入るとあっという間です。

 

 

 

じつは今年度もう一度行こうと、ぐるっとパスをすでにゲットしてます。

 

 

次回は7エリアコンプリートして、スタンプラリーに応募し、2か月に1回、毎回50名様に当たるというミュージアムグッズ(何かはわからない)を狙っていきたいと思います。

 

 

 

今回GETしたスタンプ

 

左がちひろ美術館、右が江戸東京博物館。

 

 

左が神代植物公園、右上が静嘉堂文庫美術館。

 

それぞれ個性があります。

 

ちひろ美術館のスタンプがかわいい。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です